弥生時代(やよいじだい)

紀元前5世紀から3世紀仲頃迄(諸説有)

 
縄文時代は、食料(マンモス等の動物)を狩って生活するだけの原始時代的な生活でしたが、やが

て中国大陸や朝鮮半島 から渡って来た人々(渡来人)によって、米作り等の稲作が伝わった。

最初は北九州から入り、次第に日本全国に伝わったと言われている。


稲作が広まった頃、縄文土器よりも薄くて固い 弥生土器が作られ始めこの時代を

弥生時代(やよいじだい)

と呼ぶ。

約700年位の期間で、縄文時代に比べれば大分現在の人間的な生活に短期間で近づいたもんだ。

 

さて縄文土器は縄を縛った様な模様からそう呼ばれているが、弥生土器の名前の由来は??




ナント、最初に見つかった場所が東京都文京区弥生と言う事で地名から付けられたとか?




もし歌舞伎町で見つかってたら歌舞伎時代になってたのか? 

(この発見されたのは 明治17年の話なのでまだ歌舞伎町の地名は無いです)


それもその場所は現在東京大学の敷地内で、しかも最初に弥生土器が発見された 向ヶ岡貝塚

はその後の開発等でどの場所だったか未だに確定出来ないそうです。


まぁ発掘されたときは、そこまで重要な物だとは認識してなかったのでしょう。


⇊ 弥生時代の弥生由来の地 文京区弥生 



⇊ 地図赤ポイント左側の三叉路角にある「弥生式土器ゆかりの地」碑



日本史上、かなり重要な場所なはずなのに、最初の弥生式土器の発見場所が確定出来ない為

「ゆかりの地」とあやふやな感じに、、、、。 

それも道路の端に石碑のみ、、、、。

かわいそうな弥生時代です。 



楽しんで歴史勉強



最近、エクスプロージョンやミュージシャンのレキシ等、歴史の勉強に役立つエンタティナーが増えてます。

替え歌や、暗記語呂合わせ等昔からありますが、この2組、特に「レキシ」は楽曲のクオリティが非常に

高い。

別に歴史がらみの詩じゃ無くてもいい曲ばかりです。

そんなレキシの曲でこの時代の事歌っているのがあるのか調べてみると、、、


ありました!!



タイトルは

狩りから稲作へ


 


縄文時代と弥生時代の違いを歌っています。



学校でこの曲を流している先生多いみたい。



 
この「レキシ」と言うのはバンドでは無く池田貴史(いけだ たかふみ)と言うミュージシャンの

ソロユニット名。

この池田貴史さんナント(スーパー・バター・ドッグ)のキーボードとして1997年メジャーデビュー

している。

SUPER BUTTER DOG後期にレキシの1stアルバム発表。あおもり縄文大使にも任命されている。