池田屋事件(いけだやじけん)

1864年7月8日(元治元年6月5日) 語呂合わせ いや無視できない池田屋事件

1864年 、ペリー来航、そして桜田門外の変で井伊直弼死亡後、幕府の権威は失墜。

 一方、力を付けた地方の藩が、発言力を高めていく。


特に日本の将来を危惧した長州藩、土佐藩の※尊王攘夷派志士達は、幕府を倒そうと

結集する。


※ 尊王攘夷(そんのうじょうい)とは、王(朝廷)を尊び、外敵(外国)を斥けようとする思想。


その過激思想の武士達が、京都に いる幕府側の人間を次々と暗殺していき、京都の治安は

最悪になる。 


そして急遽、幕府は臨時採用の治安部隊を、一般から募集する 。


その中に「新選組」と言われるグループが出来る。 



新選組は捕まえた倒幕派からある大規模テロ計画を入手する。

それは京都御所を放火、皇族を誘拐、幕府要人を暗殺すると言うものだった。

(しかしこのテロ計画は、寺田屋事件を正当化する為のでっちあげ、との説有)


新選組はテロを未然に防ごうと、倒幕派が潜伏いている場所を調査。

 池田屋に潜伏している事を知り、近藤、沖田らわずか4名で乗り込む。


逃げた者を待ち構えるため、外には6名が待機。


切りあいとなるが、沖田が持病の為戦線離脱、 新選組が劣勢となるが約1時間後

土方の舞台が池田屋に到着。


新選組が形勢逆転し、土佐藩は多くの有力者を失う事となる。

(土佐藩 死亡9名 逮捕者20名以上 新選組1名死亡)


戦闘は2時間近く掛かったと言われている。


この事件を受け、長州藩は 2度挙兵し、倒幕へ向け一気に加速する。

作家の司馬遼太郎は、「この事件がなかったら明治維新は永遠にこなかったであろう」と

言っている。



 池田屋事件が良くわかるバラエティー番組の動画