ジョン万次郎(ジョン まんじろう)

ジョン・マン(John Mung)

文政10年1月1日(1827年1月27日)~明治31年(1898年)11月12日)

出身 土佐(高知県)

1841年 日本が鎖国体制であった江戸時代末期。

8歳で父を亡くし、病弱な母や兄を養うため漁に出ていた中濱 萬次郎(なかはま まんじろう)は

嵐で船が沈没し遭難してしまう。


無人島に流れ着いた万次郎は5か月間そこでサバイバル生活をしているうち、アメリカの捕鯨船

ジョン・ハウランド号に救出される。


日本は鎖国で寄港出来ないため、ハワイで一緒に遭難した仲間は降ろされるが、万次郎は船長

のホイットフィールドに「ジョン・マン」とあだ名をつけられるほど気に入られ、又自分の希望もあっ

てそのままアメリカ へ渡うる。


幼いころから家族の為に働いてた万次郎は、寺小屋にも行かず、勉学は殆どしてなかったが

アメリカの学校で学び、バーレット・アカデミーで首席になる程勉強した。


しかし故郷の日本へ帰る思いは日増しに強くなり1850年(嘉永3年)5月、日本に帰る事を決意する。


まず漂流した仲間と合流する為ハワイに寄る。

その後、直接土佐には行かず薩摩藩支配下の琉球へ上陸。取り調べに七か月要した後薩摩へ

送られる。


薩摩藩でも40日間滞在する事になるのだが、取り調べでは無く、西洋文化に興味があった薩摩

藩主・島津斉彬がアメリカについて質問したり、造船技術等を船大工に学ばせる為に滞在させた。


その後長崎を経由してやっと故郷の土佐に帰った万次郎は、武士となります。


地元で「教授館」の教授として三菱財閥の創業者で初代総帥 岩崎 弥太郎(いわさき やたろう)

を教える等活躍。


やがて黒船来襲でペリーがアメリカから来ると、通訳をまかされるはずだったが、ぽっと出の若者を

やっかむ者からスパイ疑惑をかけられ、ペリーと会うことはなかった。


実際には日米和親条約の平和的締結に向け、万次郎の強力なサポートがあった。



1860年 アメリカと日米修好通商条約を交わすため、遣米使節団の1人として、咸臨丸に乗りア

メリカに渡る。

その時の船長が勝海舟(船酔いがひどく、中浜万次郎は代わって船内指揮を取った)

福澤諭吉もいた。


ジョン万次郎が詳しくわかるバラエティー動画

 



幕末と言えば坂本龍馬、高杉晋作、勝海舟、西郷隆盛等歴史スターが続々デビューした時代ですが、

このジョン万次郎は「初めてアメリカに行った人」くらいにしか知られてないのでは?


大変失礼ですが、私も「居酒屋の名前?」位でしか思い浮かばなかったのです。



ドラマにしたら「龍馬伝」より面白くなりそうな壮絶な人生ですけど、スケールが大きすぎるのか

大河ドラマどころか、ジョン万次郎を扱ったドラマ、映画が殆どありません。



と思っていたら、 映画プロデューサーの佐藤秀明さんが日米合作による大作「ジョン万次郎の

生涯」の映画化に向けて動いている!!との記事を発見!!


佐藤秀明㈱Dream One Film代表、
日米合作『ジョン万次郎の生涯』映画化に向け!

この記事は2013年の物で3年経った現在でも実現されてない様ですが、ぜひ映画化して

頂きたい。


嵐の難破シーン、大航海シーン等はCG技術で問題なし。

映画館の大スクリーン、大音響で「3D ジョン万次郎」をぜひ見てみたいです。 


ハリウッド映画として制作される事も考慮して

タイトルは「 ジョン・マン(John Mung)」でどうでしょうか?