島原の乱(しまばらのらん)

寛永14年10月25日(1637年12月11日)~寛永15年2月28日(1638年4月12日)

(語呂合わせ) 人、無惨な、島原天草一揆    一路みんなで島原へ 



島原の乱(しまばらのらん) /島原・天草の乱/島原・天草一揆


寛永14年10月25日(1637年12月11日)~寛永15年2月28日(1638年4月12日)


島原藩主松倉重政(まつくらしげまさ)は財政難もあって農民に過酷な年貢の負担を強いてました。
 

また島原は、もともとキリシタン大名の有馬晴信(ありまはるのぶ)の領地であったため、農民に

キリスト教徒が多い土地で、それを危惧した松倉重政は、キリシタン弾圧もかなり行ってました。



農民、キリスト教徒たちは不満を募らせついに1637年10月、島原半島南部で一揆がおき、やが

て、全藩に広がりました。


天草でも、天草四郎の出身地を中心に一揆がおこり、島原勢の応援をえて富岡城を襲撃。


そして、両一揆勢は合流し、廃城となっていた「原城」にたてこもりました。

 

その後徳川家光の側近、老中「松平信綱」は、幕府軍12万4000人で原城(はらじょう)を取り囲み、

一揆勢の食料がつきるのを待つ、兵糧攻め(ひょうろうぜめ)をする。

 

そして1638年2月17日にと突入し、子供をふくむほぼ全員を殺し、乱を鎮圧したのです。
 


歌とダンスで「島原の乱」を楽しく覚えよう。

エグスプロージョン 島原の乱