戦国時代 (日本)


1467年(1493年) – 1590年











 
戦国時代の事をわかりやすく説明すると、、、。

転載元 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1249269697

1.応仁の乱によって、幕府の権威は地に落ちる。
 
2.幕府の力がなくなった為、諸国の大名の下の奴らが上のやつを殺してのし上がる「下克上」が同時多発的に勃発(戦国大名が出来る)
 
3.戦国大名同士で「やんのかゴルァ!!」的に喧嘩が始まる。コレ又全国で同時多発的に。

4.もはや、幕府にはこれらを取り締まる力は無い。
 
5.そこで、この戦国大名たちは「力によって国をデカクして、京都にのぼり、将軍を引きずり落とそう」と考える。
  
6.でも、それをしようとすると周りの敵勢力が邪魔。
 
7.実は、お隣サンも「同じこと」考えていて、やっぱり「やんのかゴルァ!!!」って感じになる。
 
8.そんな中で出て来たのが「織田信長」一時は「ほとんどコイツの独壇場」かな?と思ってた矢先・・
 
9.明智光秀の謀反により死亡。その光秀も秀吉によって討たれる。
 
10.秀吉は、その才能で「気がついたら」織田の領土をほとんどそのまんまもらっちゃった^^;
 
11.だけでなく、さらに領土拡大。この頃になると、弱い大名は「へへぇ〜〜〜」ってな感じで秀吉につく。
 
12.秀吉が、関白となり(実権的には将軍職と同等)やりたい放題。なにせ、日本で「一番エラい」から「俺が正義」状態。
 
13.「俺が正義」なので「正義の味方はやっぱり正義」ということであっという間に仲間イパ〜イ。
 
14.でも、朝鮮に挑戦してる間に死んじゃった。
 
15.その後、家康が実権を握る。
 
16.それを気にいらないのが石田三成と愉快な仲間たち。
 
17.一方、三成嫌いの武将や、「早いとこ平和になりたいと思った」武将たちは家康につく。
 
18.で、関ヶ原開戦〜。家康率いる東軍の勝利。
 
19.家康、将軍に就く。そして江戸に幕府を開く。しかし、「時代を読めない」豊臣残党は大阪で頑張ろうとする
20.夏と冬の2回に渡り、大阪で「最後の戦い」が起きる。これで、「空気読めないやつ」も居なくなり、太平の世が

来ましたよ〜〜〜。

↓2時間でわかりやすく戦国時代が解かる動画





戦国時代とは?


知恵袋にあった質問とその答えです。


戦国時代の数々の戦は、日本という国の中で起きた内乱になるのですか?

A
戦国時代を室町幕府及び朝廷の支配体制下の時代とするのであれば、大枠で内乱と言えなく

はないと思いますが、表現としては必ずしも適当ではないと私的には思います。


朝廷の権威は室町時代も豊織時代も江戸時代も、それ以前も以降も存在します。ご存知かと

は思うのですが、この朝廷の権威や権勢は応仁の乱以降、特に形式的なものとなっており、

朝廷の権威を名目として掲げてしまえば日本の多くの戦いは内乱となってしまいます。


一般的に戦国時代とは室町幕府政権継続期間中から始まったとされていますので、もし内乱

とするのであれば室町幕府に対する内乱とする方が、まだ宜しい様に思います。しかしながら、

戦国時代を室町幕府崩壊後の時代も含まれると考えれば、単に室町幕府に対する内乱とするの

は適当ではないと思われます。


続きはこちらで>>>転載元 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1372957593