さ行



最澄(さいちょう)

平安時代の僧。  767~822

遣唐使として唐で最新の仏教を学び、帰国後は天台宗(てんだいしゅう)を開き、比叡山に延暦寺

を建てた。


坂本龍馬(さかもと りょうま)

江戸時代末期の志士、土佐藩郷士 生誕1836年1月3日~1867年12月10日(満31歳没)

続きはコチラ>>>


真田幸村(さなだ ゆきむら)

真田 信繁(さなだ のぶしげ)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけて豊臣方の武将として活躍した。

生誕 永禄10年(1567年)または元亀元年(1570年)~慶長20年5月7日(1615年6月3日)

続きはコチラ>>> 






聖徳太子(しょうとくたいし)

誕生日 574年2月7日(敏達天皇3年1月1日)~没年 622年4月8日(推古天皇30年2月22日)

「10人の話を聞き分け的確な答えを出す」と言うスーパー政治家(摂政)

その肖像画は、長きに渡って日本の紙幣に使われてきた。


続きはコチラ>>>



聖武天皇(しょうむ てんのう)

701年~756年

第45代天皇

在位期間 (724年3月3日 ~749年8月19日)

天皇在位期間中に伝染病が広まったり各地で反乱が起き、仏教の力で鎮めようと、各地に 国分寺

国分尼寺を作り、そして東大寺に巨大な大仏を作る。

続きはコチラ>>> 



ジョン万次郎

文政10年1月1日(1827年1月27日)~明治31年(1898年)11月12日)

漁の最中に流され、アメリカの捕鯨船に救助されアメリカへと渡ることとなった。

坂本龍馬にも影響を与えたとされる。

続きはコチラ>>> 

 





推古天皇

推古天皇(すいこてんのう)

誕生 554年~崩御 628年4月15日

第33代天皇(在位期間593年1月15日 -~628年4月15日)

日本初の女性天皇。

崇峻天皇が蘇我馬子に殺され,馬子に推されて即位。聖徳太子を摂政として政治を行う。


菅原道真

菅原道真(すがわら の みちざね)

966~1028

平安時代中期の公卿 摂政、太政大臣

続きはコチラ>>> 


 



清少納言(せいしょうなごん)


966年頃~ 1025年頃

平安時代の女性作家  代表作は 枕草子(まくらのそうし)

続きはコチラ>>>




千利休

 千利休(せん の りきゅう)

大永2年(1522年)~天正19年2月28日(1591年4月21日) 

戦国時代の茶道家 織田信長に見出され、信長の死後は豊臣秀吉に仕えた。

続きはコチラ>>> 






蘇我稲目

 蘇我 稲目(そが の いなめ)

誕生 不明~570年3月22日 

古墳時代の豪族 。

渡来人と交流があり、熱心に仏教を取り入れようとする。

仏教反対派の物部尾輿と対立。


蘇我馬子

 蘇我 馬子(そが の うまこ)

誕生 551年?~没年 626年6月19日

古墳時代の豪族 。蘇我稲目の 子供。

やはり 物部尾輿の子、物部守屋(もののべもりや)と仏教伝来で対立。

聖徳太子と手を組み物部を滅ぼす。 崇峻天皇(すしゅんてんのう)を暗殺する。



蘇我蝦夷(そが の えみし)


586年?~645年7月11日

飛鳥時代の豪族 。蘇我馬子の子供。

聖徳太子亡き後、政治の実権を握る。中大兄皇子に息子の入鹿を殺害されると、翌日自宅に

日を付け自害する。



蘇我入鹿(そが の いるか)


610年~645年7月10日

飛鳥時代の豪族 。蘇我蝦夷の子供。 

聖徳太子の子である山背大兄王(やましろのおおえのおう)はじめ、太子一族を自決に追い込み

権力を欲しいがままにするが、中大兄皇子らに殺害される。「乙巳の変(いっしのへん・おっしのへん)」

その首は600m飛んだと言われる。