立憲政治(りっけんせいじ)

1874年(明治7年) – 1916年(明治16年)あたり
議会政治と士族の反乱

イギリスでは、選挙によって国民の意思で成立した議会によって政策の決定や政権交代を

行う政治のしくみが出来上がりつつあった。


議会政治知恵袋“議会政治は選挙によって選ばれた議員によって開かれた議会により政治が行われる政治体制をさします。立憲君主制国家でも国王は存在しても実際の政治は議会を通じて行われるのが現代の先進国家での常態。日本や英国はそうです。「君臨すれども統治せず」というものです。“


明治維新で新しい国作りが始まった日本では、まだ立憲政治(憲法や議会で作る政治)は

行われてなく、土佐藩出身の板垣退助らが主張。1874年(明治7年)板垣らは民選議員設立の

建白書
(みんせんぎいんせつりつのけんぱくしょ)を政府に出す。


民選議員設立の建白書とは?いま政権は皇室にも人民にもなく、高級役人だけが握ってます、、、と言う薩長出身者中心の政府を批判して、国民の意見を取り入れろ、、と言う文



西南戦争(せいなんせんそう)

明治維新後、色々な特権を新政府によって奪われた士族たちに不満が広がりました。

民選議員設立の建白書提出者のメンバーでもある江藤新平は1874年(明治7年)地元の佐賀

征韓論を唱える士族たちを集めて兵をあげその跡各地で士族が反乱を起こしました。

大久保利通が実権を握るようになった政府は士族の反乱に、厳しい態度で臨みこれを鎮めました。

板垣退助 江藤新平らと征韓論を唱え政府を去ることになった西郷隆盛(さいごうたかもり)

は地元鹿児島で私学校を設立。若い世代に「武士の精神」を受け継いでもらおうと指導して

いました。

しかし、西郷のこの行動が明治政府から見れば危険分子とされ、誤解や行き違いも招き薩摩の

士族達が西郷を担ぎ明治政府に対して反乱を起こします。

そして1877年 現在の日本で最後の内乱 西南戦争(せいなんせんそう)が勃発します。



なぜ西南戦争?要するに「南西」ってことです。昔の方位の示し方は今とは逆に「東」「西」が先につきました。「東北」「東南アジア」もそうですし、「都の西北、早稲田の森に」という歌詞もあります。現代では「北東、北西、南西、南東」という表現になります。ちなみに東西を先にする表し方は中国からの慣習で日本も昔からそうでした。南北を先にする表し方は欧米の慣習であり、近代からの導入です。追加そして「西南」とは言うまでもなく九州あたりを指す言場です。中央政府から見て西南という方角ですから。”ヤフー知恵袋”


2018年の大河ドラマ「西郷どん」のクライマックスになるであろう西南戦争。

幼馴染であり、ともに明治維新で日本を変えた者同士が戦うドラマのクライマックスと

しては最高にドラマティックな戦いである。


1877年 西南戦争

※テストに必ず出ます。

明治政府軍の指揮者 大久保利通
大久保ダウンロード

VS

薩摩軍の指揮者  西郷隆盛

ダウンロード (1)ダウンロード (2)


最期に西郷隆盛が自決し、日本最後の反乱は鎮められます。



自由民権運動(自由民権運動)

武力での抗議では無く、言論(げんろん)による政府への圧力を高めようと、板垣退助

は高地に立志社(りっししゃ)と言う政治結社を作ります。

中江兆民(なかえちょうみん)らが紹介した自由民権の思想を宣伝して、国会を開く事

を訴えました。



その活動は自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)として、平民にも広く広まった。

※自由民権運動はテストに必ず出ます。

板垣退助が立志社のあと、各地の政治団体の代表を集めた愛国社(あいこくしゃ)を作り

さらに1880年(明治13年)、国会期成同盟(こっかいきせいどうめい)となり政府に対して

国会設立の請願運動を行います。


政府はこの自由民権運動を抑えようと、集会条例(しゅうかいじょうれい)を出します。

しかし、政府の中にも立憲政治に前向きな人もいて、大隈重信(おおくましげのぶ)がただ

ちに国会を開こうと言ったり、まだ時期尚早だ、と言う意見で分かれていました。

しかし、1881年(明治14年)に北海道開拓使の施設払い下げ問題がおきて、政府に対する

不満が爆発。大隈重信ら政治非難に関わったとして政府から追放し、そのかわり10年後に

国会を開くとして国民の非難をかわします。

現代の森友学園問題にも通ずる北海道開拓使の施設払い下げ問題開拓使長官黒田清隆が同じ薩摩藩出身で幼なじみの政商(政府と癒着を持った特権商人)に政府が財政難なのに官有物をタダ同然の値段で売り払った事件。タダ同然とはどれくらいかというと1000万の官有物があるとします!それを黒田清隆が36万に値下げして30年ローンで売ってあげるといった感じです。出典 ヤフー知恵袋


とりあえず10年後に国会が開かれるのを見据えて、板垣退助は自由党(じゆうとう)

大隈らも立憲改進党(りっけんかいしんとう)を作ります。

しかし、その後不景気となり、市民は生活難になり、各政治団体は資金集めが出来なく

なります。一部の自由党民は生活に困った農民とともに反乱を起こし秩父事件(ちちぶじけん)

に発展。政府はこれを弾圧します。

自由党は解散し、立憲改進党も大隈が党を離れました。